現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【江戸川区】ドレンからの雨漏り 

【江戸川区】ドレンからの雨漏り 

コラム 2020.01.18 (Sat) 更新!

皆さんこんにちは!

江戸川区、屋根塗装・防水工事・雨漏り修理の屋根リフォーム.com東京です😙

 

本日のブログでは、ドレンからの雨漏りについてご紹介させて頂きます。

ドレンとは、屋上やバルコニーに備え付けられている、排水部分の事を言います。

ドレン周りからの雨漏りは、住宅の中でもトップクラスで多く

バルコニーや屋上からの雨漏りだと、防水層を気に掛ける方が多いかと思いますが、

防水層が傷んでないからといって、油断してはいけません。

 

ドレンからの雨漏り

 

ドレンには、屋上やバルコニーに溜まった雨水を排出する役割があります。

また、ドレンをそのまま取り付けただけでは、雨水と一緒に流れてくる落ち葉や泥などの固形物も一緒に流れてしまい、
ドレンや雨樋を詰まらせてしまいますので、網のような役割を持つ、ストレーナーというものを最後にはめます。

ですが、新築時に設置されているドレンは、金属製のドレンが多く
ドレンは水を排出する為に備わっていますので、雨が降れば水に常に触れている状況です。

金属は水により劣化が進みますので、改修工事を行うときには既存ドレンはボロボロの状態が多く、
ハンマーなどで軽く叩けば簡単に折れてしまうほどです。

それ程弱まっているドレンですので、防水工事を施さず放置していれば 雨漏りに繋がる事でしょう。

雨漏りが生じていなくても、定期的にメンテナンス行う理由はそこにもあり
素人の方では、ドレンなど気にならないかと思いますが、

防水層が傷んでいなくても、ドレンからの雨漏りは発生しますので、ご注意ください。

 

ドレンの詰まり

江戸川区 雨漏り修理

ドレンからの雨漏りの原因として多いのは、ドレンの詰まりです。

台風の後や春一番等の強風のあとには、屋上やバルコニーには落ち葉が溜まり、
それ以外にも枯葉や、雨が降れば泥なども溜まります。

葉っぱや泥が溜まっている状況で、雨が降れば屋上やバルコニーの勾配は、
ドレンには向かって設計されていますので、自然とドレン周りにゴミが溜まってしまいます。

ストレーナーにより、ドレン内にゴミが入らない場合でもドレン周りにゴミが溜まっていれば、

水は排出されませんので プールのような状態となり、防水層の劣化も進んでしまいます。

この場合、防水層からの雨漏りも考えられますが、降雨時は常に水が溜まっているドレン周りですので
他の箇所よりも劣化している状況の為、いち早く雨漏りが生じる可能性は高いです。

 

施工不良(設置ミス)

江戸川区 雨漏り修理

「数年前に屋上やバルコニーの防水工事をして、ドレンも新たに取り付けたはずなのに雨漏りがおきた」
なんてお話も少なくありません。

それは、改修用ドレン取り付け時の施工不良によるものですが、
施工不良と一口に言いましても、いくつかのパターンがあります。

一つ目の施工不良とは、改修用ドレンの蛇腹部分の入れ方です。

改修用ドレンは、立上りや平場部分に密着させる鉛部分と
雨水を雨樋へ誘導する蛇腹部分の2つが合わさって出来ているのですが、
この蛇腹部分が、樋の形に沿って綺麗に入っていれば、何も問題なく機能します。

ですが 施工不良の場合、蛇腹が入りにくいからといって切りすぎたり、
樋の形に沿って入っていないと、流れた雨水が逆流を起こし、その雨水は鉛部分の内側に入ってしまいます。

鉛部分の裏側は、十分な防水処理がされておりませんので、雨水が直接躯体に浸透し
結果的に雨漏りを引き起こすのです。

 

施工不良(防水処理不足)

江戸川区 雨漏り修理

施工不良による改修用ドレンからの雨漏りの原因として、
ドレン周りの防水処理がしっかりと出来ていない場合がります。

ドレン周りはただでさえ雨漏りが起こりやすいので、
通常は入念に防水処理を施すのですが、それをめんどくさがる業者も存在します。

例えば、ドレンと防水面をしっかりと密着させるために、専用の接着テープを使用するところを、
シーリング材を大量に打ち込み、貼り付けるというケースがございます。

この場合、工事終了後は綺麗に収まっているように見えますが、
密着性が低いため 数年後にドレンが剥がれはじめ
ドレンの裏側に雨水が回ってしまい、そこから雨漏りが生じる可能性があります。

 

施工不良(叩き不足)

江戸川区 雨漏り修理

改修用ドレン取り付けの際の、施工不良による雨漏り原因として
「叩き不足によるドレンの浮き」というものが考えられます。

「叩き」とは、改修用ドレンを取付ける際に、
ドレンの鉛部分を 立上りと平場に対して垂直に取付ける必要があり、
その際にハンマーなどで叩いて密着性を向上させる作業を、叩きと言います。

この叩きの作業が不足する事により、鉛部分がしっかりと密着性せず
浮いた状態になってしまい、浮いた空間に雨水が溜まってしまうのです。

ドレン周りには、入念に防水処理を施しますが
鉛部分が浮いている事で、端部に隙間が出来てしまい防水処理が行き届かない場合があり、
その隙間から雨水が侵入し、躯体に浸透し 最終的には雨漏りが発生してしまいます。

 

施工不良(補強用クロスの入れ忘れ)

江戸川区 雨漏り修理

施工不良による、改修用ドレンからの雨漏り原因は 鉛部分周りの防水処理不足です。

鉛部分の防水処理不足とは、補強用クロスの入れ忘れや防水層が薄いなどがあり、
今回は、補強用クロスについてお話しさせて頂きます。

元々改修用ドレン周りは、防水層がちぎれやすかったりと何かと雨漏りに繋がりやすい環境です。
そこで、ドレンを固定した後 防水材を塗る前に、ドレン周りには補強用クロスを入れる必要があるのです。

鉛部分は四角形なのですが、全ての角を生めるようにクロスを貼り付けます。

このどこか一ヶ所でも入れ忘れていたり、全てに入れ忘れていれば
その他の立上り面や平場面と同じ様に、防水材だけで保護されている事になりますので、
間違いなく強度が弱まり、防水層の千切れや破れといったトラブルが生じるでしょう。

結果的に防水層の中に水が廻り、雨漏りへとつながってしまいます。

 

施工不良(膜厚不足)

江戸川区 雨漏り修理

ドレンの周りは傾斜があり、ウレタンを塗布する際にドレン内に流れてしまうかもと
弱気になり、改修用ドレン周りの防水層が薄くなってしまうケースがございます。

ドレン周りは他の箇所よりも、防水処理をしっかりと行わなければなりません。

その為、ドレンの取り付け後 ドレンの周りにシールを打ち
さらに補強用クロスを貼り、規定量の防水材を2層の分けて塗布します。

ここまでして、やっと平場面や立上り面と同じ強度を保てます。

そして、この中でも一番防水機能を発揮するのは、防水材ですので
規定量以下の防水材を2回塗ったところで、防水機能は低下します。

また、防水材自体の強度も失われる為、防水層は破れたり千切れたりしてしまい
その箇所から雨水が侵入し、雨漏りへと繋がります。

 

施工不良(ストレーナーの付け忘れ)

江戸川区 雨漏り修理

改修用ドレンの排出口には、ストレーナーというカバーを最後に付けます。
とても初歩的なミスですが、このストレーナーを付け忘れる事による雨漏りがあるのです。

防水工事に関してあまりご存知のない方が多いかと思いますが、
一般の方は、改修用ドレンにストレーナーが付いていなくても 何も違和感を感じない為、その不具合に気付かないケースが多いです。

ストレーナーの取り付けは、ドレンの排出口に器具をはめるだけですので
非常に簡単で誰でも出来る作業ですが、全工程を終え 仕上げであるトップコートが乾いた後に取り付けます。

その為、業者の方は「工事が終わった」という「安心感」から
ストレーナーを付け忘れる事があります。

このストレーナーは、ラーメンなどの湯切りで使う「ざる」と同じ様な役目があり、
雨水と一緒に流れてくる葉っぱや泥などが、樋へ流れていかないようせき止めてくれます。

ですので、ストレーナーを付け忘れると、全てのゴミ樋へ流れ 樋は詰まってしまい
雨水の排出が出来なくなり、屋上やバルコニーには雨水溜まり続けます。

これにより、防水層の劣化が進み 結果的に雨漏りを起こすのです。

 

 

これまで屋根リフォーム.com東京は、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり、

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

今までの経験・実績を活かし、これから先も皆様の大事なお住まいを守っていければと思っております。

雨漏りというものは、「塗装業者」ではなく「防水業者」でなくては直せません。

と言いますのも、「塗装」とは住宅を綺麗にする事を目的として行う工事であり、雨漏りを直す工事ではないからです。

対して「防水」とは、住宅から水を防ぐために行う工事なのです。

 

住宅の雨漏りや屋根リフォームについて、お困りな事、心配な事、どんなに小さなことでもかまいませんので、是非一度ご連絡ください(*^-^*)

 

屋根リフォーム.com東京

住所:〒132-0021

東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0210-978-917

FAX:03-6231-3146

営業時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム

ご相談・御見積り・現地調査、無料で承らせて頂きます!

屋根塗装メニュー

屋根リフォームメニュー

お一人お一人のニーズに合わせた屋根塗装・屋根リフォーム工事を推奨いたします!

  • 年間着工ランキングで東京県第1位
  • 相談会随時開催中東京ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com東京が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com東京施工エリア

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区

※その他エリアの方は一度ご相談ください!