現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【江戸川区】 ルーフィングシートって何⁇ 

【江戸川区】 ルーフィングシートって何⁇ 

屋根リフォームコラム 2020.01.31 (Fri) 更新!

皆さんこんにちは!

江戸川区 葛飾区 屋根塗装・屋根修繕・雨漏り修理の屋根リフォーム.comです(*^^)v

 

本日は、屋根の葺き替え工事などの際に使用される「ルーフィングシート」についてご紹介させて頂きます。

 

ルーフィングシートとは

 

ルーフィングシートとは、屋根材本体の下に敷く『屋根の防水シート』のこ事を言います。

そのことから『下葺き材』と呼ばれることもあり、
その他にもルーフィングシートとを略して『ルーフィング』と呼ばれたり
アスファルト性のモノが多いことから、『アスファルトルーフィング』と呼ぶこともあります。

定額屋根修理の工事現場ではルーフィングが必ず使用されます。

ですが、屋根の下に敷くシートで、工事完了後には目には見えなくなってしまう為、あまり重要視されない傾向があるのです。

屋根工事の際には、事前に何の説明も受けないまま、設計士や建設会社が勝手に選んだシートを使用する事がほとんどですが、
このルーフィングシートは、屋根材本体よりも非常に重要性の高い建材なのです。

 

ルーフィングシートの種類

 

【アスファルトルーフィング】

アスファルトルーフィングは、多く使用されているルーフィングシートで、
ルーフィングシートの中で最もグレードが低く、工事後 10年前後で劣化が始まります。

「アスファルトルーフィング940」と呼ばれる製品が多く流通していて
新築住宅のほとんどでは、この「アスファルトルーフィング940」が使用されています。

 

【改質ゴムアスファルトルーフィング】

こちらは、改良されたルーフィングシートで耐久性が高い製品です。
略して「ゴムアス」と呼ばれたり、「ゴムアスファルトルーフィング」と呼ばれることもあります。

 

【アスファルトシングル】

屋根の仕上げ材の一つで、シート状になった屋根仕上げ材です。
原材料がアスファルトなため、名前にもアスファルトが付いています。

 

雨漏りの原因はルーフィングシートの破れ

 

戸建住宅の雨仕舞は「一次防水」と「二次防水」の二重構造になっておりますが、
「一次防水」とは、屋根材や板金による仕上げ材による防水の事を示します。

これは、雨水が建物内部に直接浸水しないための役割があります。

ですが、屋根材や板金が劣化したり、予想不可能な雨が降ってしまうと
一次防水だけでは防ぐ事ができず 雨水は室内へと侵入します。

結果、一次防水だけで雨水を防ぐには限界があるのです。

そのため、「二次防水」を設け雨漏りの発生を抑える必要があるのです。

「二次防水」とは屋根材の下に敷かれているルーフィングシートの事で、
屋根からの雨漏りを最終的に防いでくれているのは、このルーフィングシートです。

ですので、屋根から雨漏りが生じている場合、ルーフィングシートが劣化し機能していない為なのです。

 

屋根リフォームのタイミング

 

皆さんは 屋根リフォームはどのタイミングで行いますか?

塗料の寿命や屋根材の寿命、その他にも板金の劣化など色々あるかと思いますが、
ルーフィングシートの存在を忘れてはいけません。

「屋根を葺き替えたから」「屋根塗装を塗り替えたから」雨漏りの心配がない。

というのは大きな間違いで、雨漏りを防いでくれているのは、ルーフィングシートのおかげです。

その為、塗料や屋根材の寿命に合わせて工事を行うのは間違いないですが、
それで必ずしも雨漏りを防げる訳ではありません。

工事のタイミングは、ルーフィングシートの寿命も考慮しましょう。

例えば、ルーフィングシートの寿命が10年 塗料や屋根材の寿命が15~20年の場合
塗り替えや葺き替えを行うときには、とっくにルーフィングシートは劣化が始まり
目には見えないだけで、室内に漏水しているかもしれません。

雨漏りは起きてからではなく、起こる前に未然に防ぐことが大切ですので
工事のタイミングは、全ての建材の状態を考慮する事を オススメいたします。

 

 

これまで屋根リフォーム.com東京は、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり、

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

今までの経験・実績を活かし、これから先も皆様の大事なお住まいを守っていければと思っております。

雨漏りというものは、「塗装業者」ではなく「防水業者」でなくては直せません。

と言いますのも、「塗装」とは住宅を綺麗にする事を目的として行う工事であり、雨漏りを直す工事ではないからです。

対して「防水」とは、住宅から水を防ぐために行う工事なのです。

 

住宅の雨漏りや屋根リフォームについて、お困りな事、心配な事、どんなに小さなことでもかまいませんので、是非一度ご連絡ください(*^-^*)

 

屋根リフォーム.com東京

住所:〒132-0021

東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0210-978-917

FAX:03-6231-3146

営業時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム

ご相談・御見積り・現地調査、無料で承らせて頂きます!

屋根塗装メニュー

屋根リフォームメニュー

お一人お一人のニーズに合わせた屋根塗装・屋根リフォーム工事を推奨いたします!

  • 年間着工ランキングで東京県第1位
  • 相談会随時開催中東京ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com東京が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com東京施工エリア

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区

※その他エリアの方は一度ご相談ください!