現場ブログ現場状況、塗装イベントなどをいち早くお届けします

95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価をいただきました

HOME > 現場ブログ > 【江戸川区】 塗装工事で悩む色選び! ~色選びのポイント1…

【江戸川区】 塗装工事で悩む色選び! ~色選びのポイント10選~

屋根リフォームコラム 2020.02.07 (Fri) 更新!

皆さんこんにちは! 

江戸川区 葛飾区 屋根塗装・防水工事・雨漏り修理の屋根リフォーム.com東京です😎

 

初めて塗装工事では、色や配色に悩まされる方が多いかと思いますが、

色選びの基礎を知ることで間違いない色選びをしましょう。

外壁・屋根塗装の色選びで失敗しない為には、一番最初に皆さんがやらなくてはいけない事がございます。

それは、皆さんの家をどうしたいのかという「希望」定める事です。

その定まった希望が「基準」「軸」となり、本来求めていた塗装に近づけるのです。

もし、皆さん自身の希望がないと、どのような事が起きてしまうのか

以下にまとめましたので、ご覧ください。

 

~初めての塗装工事!色選び編~

 

【基準が定まっていない場合】

外壁・屋根塗装業者に勝手に決められたという意識が強まり、好みの色にならず

工事完了後、不満が残る。

 

【基準が定まっている場合】

好みの色で塗装できたという満足度から、暮らしのモチベーションが上がります。

一度、塗装をしてしまえば、その後10年前後は同じ色のお家に住み続けなくてはなりません。

ずっと不満を抱えながら暮らすのと、満足のいく仕上がりで暮らすのとでは全く違う暮らしが生まれます。

その為、最初の色選びでは その後10年先も続くと考えた上で、色決めをしなくてはなりません。

 

色の選び方と手順

 

次に重要なポイントは「選び方」と「手順」で、

どんな塗装にたいのかを、しっかりと塗装業者さんへ伝えましょう。

イメージを具体的に伝え共有する事で、塗装業者との認識のずれを防ぐのです。

 

その為にも以下の方法が有効的なので、是非お試しください↓

・色見本で自分の好きなカラーを伝える

・好みのカラーの組合せを伝える

・理想の家のイメージ写真を見せる

 

例えば、ベージュだけではなく「薄い」ベージュや

「白と濃い青の組合せ」などできるだけ、具体的に言葉で伝え

実際に塗装されているイメージ写真などの、目に見えるモノと両方で伝えます。

そして、「出来る・出来ない」、「組み合わせの良し悪し」は度外視して、

皆さん自身・ご家族の好みの色を、しっかりと伝えましょう。

これらの情報から塗装業者側は、皆さんの色についての要望が掴み取れることで、提案がしやすくなります。

 

具体的な色の伝え方

 

皆さんの伝え方次第で、塗装業者側が皆さんの希望色についての捉え方が、大きく変わります。

いかに具体的で、イメージが湧きやすく伝えられるかがポイントです!

 

悪い伝え方

「白と茶色の2色を使いたいです」 

 

【伝え方が悪い理由】

まず、「白」と一口に言いましても、全く混じりけのない「真っ白」や

薄っすらピンクが入っている「桜色」、ほんのりとブルーが入っている「青白磁」などと

少し違うだけで、様々な白色があります。

「茶色」という伝え方も同じ事で、この様な伝え方をしてしまうと、

業者側は様々な白色と茶色の組み合わせを提案してきますので、色決めだけで時間が掛かってしまいます。

 

良い伝え方

「真っ白と少し薄めの青色の2色にしてください」

 

【伝え方が良い理由】

伝え方の悪い例と比較し、白ではなく「真っ白」、ただの青ではなく「薄め」の青と

しっかりと具体的な色を伝えているのがポイントです。

少しの差のように思えますが、この差が完成イメージをより具体的なものとしてくれますので

少しでも自身のイメージに近い伝え方をしましょう。

 

お家に合う色を考える

 

屋根と外壁の色によってお家のイメージは作られます。

屋根の色は、一般的にグレーやブラックなどの、落ち着いたイメージの色が使用されることが多いです。

また、お家全体のデザイン的な引き締めの効果もあります。

外壁を屋根と同じ色で塗ってしまうと、家のイメージがとても強烈なものとなり

近隣の方々からクレームを受けることも、無きにしも非ずです。

そのため 屋根が濃い色外壁は淡い色を使うのが、周りの景観に合う色選びになります。

元々の外壁の色・質感が気に入っていて、それを活かしたい場合は

クリヤー塗装艶消し塗装を施す、という方法もございます。

しかし、赤・青・緑などの原色系を使ってしまうと、経年劣化で色落ちした際に

汚く見えてしまい美観が損なわれる事もありますので、原色を使用する際は注意が必要です。

 

色選びは最大3色までが基本

 

外壁・屋根塗装で使用する色は、最大3色に留めておくことで、色のバランスがキレイに見えます。

さらに、色のバランスを保つには、以下の配分が良いよされております。 

・ ベースカラー70%

・ アソートカラー25%

・ アクセントカラー5%

建物全体の多くを占めるベースカラーに、ベースカラーの次の役割を持つアソートカラー。

そして、付帯部などのポイントとして使われるアクセントカラーです。

通常の塗りだと、このバランスを保つことが出来ますが

ツートンカラー仕上げなどの方法の場合、バランスを気を付けなければ

まとまりのないイメージになってしまいますので、業者さんと入念に話し合い注意しましょう。

 

面積効果

 

色は塗る際に、大きい体積小さい体積では、見え方が異なります。

この様に、面積の大きさによって色の見え方が違って見えてしまう視覚現象の事を、『面積効果』と言います。

小さい色見本だけで色を選んでしまった場合、実際の仕上がりの色と色見本の色とでは

違って見えてしまう事が多く、この面積効果により色選びを失敗してしまう事が多くあります。

面積効果による見え方の違いは以下のようになります。

・小さい面積:暗く見える

・大きい面積:明るく見える

このような差がありますので、色見本だけで色決めをするのは危険です。

色見本で決めた色とイメージしていた色が違くても、塗装業者側は

「お客様のご希望の色で塗装しております。」と、こちらには非がありませんという対応をしてきますが、

原因は色見本の小さい面積と、屋根・外壁の大きな面積とでは、色が違って見えてしまうからです。

ですので、色見本を最終的な色決めにせず、カラーシュミレーションや色板見本など

より皆さんが分かりやすく、イメージのしやすい物を用意してもらいましょう。

 

色が変えられない箇所も考慮する

 

建物の中には、色が変えられない箇所が存在し、

この部分の色も考えた上で、皆さんのお家に合う色を考える必要があります。

色が変えられない部分とは主に↓

・アルミ製の玄関ドア

・サッシ部分

・窓枠

・雨樋(素材により異なる)

 になります。

この部分は、素材の色がそのまま出ていて大体は銀色ですが、お家によっては違う場合もあります。

この部分を考慮せずに塗装を行い、完成後 全くイメージと違かったとなれば

せっかく屋根や外壁はイメージ通りだったのに、全てが台無しになってしまいますので、注意しましょう。

また、雨樋は劣化症状によっては交換が必要な場合もあり、塗装を施さない方もいらっしゃいますが

雨樋の詰まりなどで機能しなければ、オーバーフローや雨漏りに繋がり

美観も損なわれますので交換・塗替えは行いましょう。

 

 

これまで屋根リフォーム.com東京は、葛飾区金町で防水業を営んでいました。

都心の大きなビルやマンション、町のアパートや個人住宅など、様々な建物の防水工事に携わり、

新築工事・改修工事問わず、色々な現場を見てきました。

今までの経験・実績を活かし、これから先も皆様の大事なお住まいを守っていければと思っております。

雨漏りというものは、「塗装業者」ではなく「防水業者」でなくては直せません。

と言いますのも、「塗装」とは住宅を綺麗にする事を目的として行う工事であり、雨漏りを直す工事ではないからです。

対して「防水」とは、住宅から水を防ぐために行う工事なのです。

 

住宅の雨漏りや屋根リフォームについて、お困りな事、心配な事、どんなに小さなことでもかまいませんので、是非一度ご連絡ください(*^-^*)

 

屋根リフォーム.com東京

住所:〒132-0021

東京都江戸川区中央3-17-5

TEL:0210-978-917

FAX:03-6231-3146

営業時間:9:00~18:00

お問い合わせフォーム

ご相談・御見積り・現地調査、無料で承らせて頂きます!

屋根塗装メニュー

屋根リフォームメニュー

お一人お一人のニーズに合わせた屋根塗装・屋根リフォーム工事を推奨いたします!

  • 年間着工ランキングで東京県第1位
  • 相談会随時開催中東京ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com東京が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com東京施工エリア

江戸川区、葛飾区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区

※その他エリアの方は一度ご相談ください!