屋根材の基礎知識屋根の基礎知識[1] 屋根ってなんのためにあるの?

HOME > 屋根材の基礎知識

屋根リフォームで気を付けるべきこと

「屋根の劣化が気になる」「屋根の色や雰囲気を変えたい」などの理由で屋根のリフォームを検討する人は多いかと思います。 屋根は常に雨風や太陽光、紫外線の影響をじかに受けている場所で、外壁よりも劣化が早くなります。そこで屋根リフォーム(屋根塗装、屋根の張り替え、屋根の重ね張り)をすることで不具合を改善し、見た目もきれいにできます。
このページでは、屋根リフォームの目的や種類、よくある質問についてまとめてご紹介します。

01. 屋根リフォームを行う目的とは?!

1.屋根の劣化部分を補修して、見た目をよくすること

屋根材の基礎知識
屋根材の基礎知識

家を建ててから何年もたつと、「屋根塗装がはがれてきた」、「雨漏りするようになった」などの屋根に起因した症状が徐々に現れてきます。屋根のリフォーム(屋根塗装、屋根の重ね張り、張り替え)はそういった不具合を修繕して本来の屋根の役割を取り戻し、見た目もよくするために行われる屋根工事のことです。
最近は、夏の暑さ対策のために屋根に遮熱塗料や、遮熱機能を持った屋根材を施工するようなリフォームも増えてきています。住人が快適に過ごせる家づくりのために、屋根リフォームが重要視されてきているのです。

2.お家の寿命をのばすこと

屋根のリフォームは家の寿命をのばすために必要不可欠なのです。
早速質問ですが、台風、酸性雨や太陽光、紫外線から家を守っている屋根が劣化し、その役割を果たすことができなくなるとどうなると思いますか?
建物の屋根の野地板というべニア板まで雨水が染みこみ、徐々に柱や室内にまで雨水が伝わっていきます。
そして劣化が進み、家の寿命を縮めていくことになります。

3.屋根材にも寿命がある

屋根のリフォームを検討する上で、屋根の寿命が何年くらいかを把握しておく必要があります。
寿命を超えて使用している屋根材については、屋根塗装や屋根の重ね張りができなくなり、屋根の張り替えで多額の費用がかかるため、注意が必要です。早めの屋根リフォームで安心の住まいづくりをオススメします。以下参考にしてください。

スレート瓦屋根:耐久年数15~20年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
トタン屋根:耐久年数20年~25年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
セメント瓦:耐久年数30~40年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
ガルバリウム鋼板:耐久年数30~50年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
日本瓦:耐久年数50~80年

上記の屋根リフォームを行うことで、屋根材じたいの寿命を延ばし、家の寿命を延ばすことができます。

02. 屋根リフォームの種類とは?

屋根材の基礎知識
屋根材の基礎知識

屋根リフォームの種類には以下の3つがあります。それぞれの工法について詳しくご紹介します。

1.屋根の葺き替え(張り替えとも言います)

既存の屋根材を取り外して撤去し、新しい屋根材に交換する方法です。屋根をそのままそっくり新しいものに取り換えるため、屋根リフォームの中で最も費用がかかります。屋根材が寿命を迎えていて雨漏りが発生している場合や、ひび割れ・破損が目立つ場合、屋根のイメージを一新したい場合などにおすすめです。

2.屋根の重ね張り(カバーとも言います)

既存の屋根材に新しい屋根材をかぶせる方法です。葺き替えの場合とは異なり、既存の屋根材を撤去する必要がないため、高額な費用をかけることなく屋根を一新できます。「短い工期で安く屋根リフォームがしたい」という場合におすすめです。

3.屋根の塗装(塗り替えとも言います)

既存の屋根材に塗料を塗り、劣化を抑える方法です。上記2つの工法に比べて、費用を抑えることができます。10年に1回のペースで塗装を行うことで、屋根の劣化を防ぐことが可能です。

03. 屋根リフォームのよくある質問とは?

屋根材の基礎知識
屋根材の基礎知識

「屋根のリフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.屋根塗装に使用される塗料にはどのようなものがありますか?
A.ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素樹脂塗料、無機塗料、遮熱塗料、断熱塗料があります。
  それぞれ特徴や価格・耐用年数に違いがあるため、比較してみましょう。

Q.屋根のリフォームが節電につながるというのは本当ですか?
A.遮熱や断熱効果のある塗料を使ってリフォームすることで、太陽光による暑さを和らげることができます。その結果、冷房の使用を減らすことができて電気代の節約につながるでしょう。

Q.スレート屋根のメリットを教えてください。
A.シンプルなデザインなのであらゆる住宅に合いやすく、軽くて加工も簡単です。対応できる業者も多いため、安心してリフォームを依頼できるでしょう。

Q.突然やってきた屋根の訪問業者に「屋根を工事しないと家が危険!」といわれ、屋根のリフォームをすすめられました。依頼しても大丈夫でしょうか?
A.訪問販売業者は利用しないことをおすすめします。不安をあおり、不要な屋根工事を強引にすすめてくる例も多いため、断るようにしましょう。

Q.屋根のリフォームにかかる費用は、どの業者でも同じですか?
A.いいえ。業者によって差があるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみることをおすすめします。大まかの相場を把握しておきましょう。

以上が屋根リフォームをする際に気を付けるべき事でした。
他にも屋根リフォームで気を付けるべきポイントをまとめていますのでお読みいただき、失敗のない後悔のない屋根工事を実現していただければ幸いです。

屋根材の基礎知識

  • 年間着工ランキングで東京県第1位
  • 相談会随時開催中東京ショールームのご案内
  • 問い合わせ数1万件突破 お電話に抵抗ある方はまずはネットで相談!!95%以上の方に「大変満足した」「満足した」と評価を頂きました!!
  • 東証1部上昇企業から表彰・取材されました!日本全国No.1塗装ビジネスAWARD2017
  • 屋根リフォーム.com東京が選ばれる理由
  • 知らないと損をする屋根の基礎知識
  • 最安値屋根塗装メニュー23万円から
  • 最安値屋根カバー工法49万円から
  • 普段見られない屋根だから専門家に診てもらおう!無料屋根診断 詳細はこちら
  • 雨漏りの原因箇所が赤外線でくっきりわかる!雨漏り無料診断はこちら

屋根リフォーム.com東京施工エリア

葛飾区、江戸川区、墨田区、江東区、足立区、荒川区、台東区

※その他エリアの方は一度ご相談ください!